投稿キャンペーン
ブログトップ

南イタリアのお菓子たち

micamare.exblog.jp

カテゴリ:南のお菓子

Tarallini

南イタリアのプーリア州、カラブリア州、カンパーニア州などで作られる、リング型のタラッリーニです。

今回は小さいのを作ったので"Tarallini"ですが、大きめのものだと"Taralli"となります。

さらに、これは複数形の形のため"Tarallo"や、"Tarallino"と表記されていることもあります。
でも大きさ、単数・複数が違うだけで、全て同じものです。

タラッリーニと似たお菓子でグリッシーニがお馴染みですよね?
日本では、レストランや、バールなんかでもグリッシーニをよくみかけますが、イタリア、特に南イタリアではどちらかというとこのタラッリー二の方がメジャーだそうです(もちろん南イタリア人の意見です)。


このタラッリーニには、酵母を使うレシピと使わないレシピがあります。

酵母を使う場合、イタリアではビール酵母を主に用いるようです。イタリアには古くから受け継がれる酵母を今もなを大事にされている方たちがいらっしゃるようで、そのおばあちゃんたちが作るタラッリは、私も頂いたことがありますが、味だけでなく香りも!格別です

EXVオリーブオイルも重要です。
日本のスーパーでたまにみかけるタラッリーニは、物にもよりますがEXVオリーブオイル以外の、怪しい植物性油脂が使われている場合があります。味はまさにスナック菓子
元々は美味しいオリーブが採れる地域で作られていたタラッリーニも、工業製品として世界中に広まっています。
それ自体はいいことですが、、、
美味しいEXVオリーブオイルで作った場合、タラッリーニは焼いた後でもほんのり緑がかっているのが分かり、香りが違います

そして地域によって様々な種類があります。
私がよく食べさせてもらったのは、何も入っていないプレーンなものや、カラブリア州でよく作られるアニスシードやフェンネルシード、ぺペロンチーノを使ったものです。
その他、玉ねぎが入ったもの、アーモンドが入ったもの、さらにプーリア州では甘いタラッリもあるようです。

子供たちはおやつとして、大人たちはビールやワインと一緒に、、、
お菓子というよりおやつやおつまみといった感じでしょうか

食べだすと止まらないタラッリーニをおひとつどうぞ





by micamare | 2012-11-01 04:01 | 南のお菓子

Cannoli siciliani

筒状の揚げた生地にリコッタクリームを詰めた、シチリア島生まれのカンノーリです。

名前の“cannolo”は“canna”に由来します。
cannaとは日本語で管、葦という意味ですが、
給水場の管にその形状が似ていたことから、生地を筒状に作り上げることからなど、
その由来自体もいくつかありますが、実際にイタリア人から聞いた話では、
昔は生地をサトウキビ(canna da zucchero)に巻いて揚げていたから だそうです。

そしてその起源にはかなり古い歴史があります。
紀元前70年代、古代ローマの政治家キケロはシチリア島滞在中にすでに今日のカンノーリを思わせる
「粉状の管にすごく甘い牛乳の詰め物をした食べ物」
という言葉を残していました。
発祥はシチリア島のカルタニセッタ(アラビア語で“女性の城”)という町のイスラム教国のハレムの女性たちであるという説や、同じカルタニセッタの修道女であるという説があり、その形状についても意味をもっているという伝説も残っています。

多くの言い伝えがありますが、
いづれにせよ、
カンノーリは元々謝肉祭の時期に食べられていたドルチェです。
しかし、その風習も現在は薄れつつあり、今日では一年を通して食べらているイタリアを代表するドルチェのひとつとして、その地位を確立しています。

さて、
そんなカンノーロは本場シチリアでは、中のクリームに羊の乳のリコッタチーズが使われますが、その他の地域では牛乳のリコッタチーズも使われます。
そこへ、オレンジピール、蜂蜜、ピスタチオ、アーモンド、チョコレートチップ、シナモンなどなどを合わせます。地域によって、お店によって様々なバリエーションがあるようです。
リコッタチーズの代わりに、カスタードクリームが詰められたのも美味しいですよね

実際に作りあげるまでにたくさんのレシピを読み、試作を重ねましたが、結局南イタリアの人を納得させられたのは、すごくシンプルなカンノーリでした

では、今日のおやつにエスプレッソと一緒にいただきますっ!


by micamare | 2012-10-27 10:07 | 南のお菓子

Susumelle calabresi

ススメッレ、または“pitte di San Martino”とも言うようです。

イタリアの南、カラブリア州のヴィボ・ヴァレンツィアが発祥とされるお菓子です。
主にクリスマスのお菓子とされていますが、一年を通して食べられていて、田舎のお祭りの露天なんかでも売られています。

クッキーほどサクサクしていません。蜂蜜もたっぷり入っているため、しっとりとしています。
そんな、、、
しっとりと柔らかい生地にシナモンやクローブ、柑橘類の香り漂うお菓子
です

基本の材料は、小麦粉、蜂蜜(栗、無花果、ミッレフィオーリ)と香辛料(シナモン、クローブ)です。あとは、ドライフルーツや柑橘類の皮が加わります。仕上げには、チョコレートかアイシングでコーティングします。クリスマスのデコレーションをされているのもみかけたことがあります。
と、
出来上がりの形はさほど違いはないんですが、中身の材料はお菓子屋さんによて、もとい、お家によって様々。

こないだテレビで愛知県の郷土菓子で油菓子っていうのをやってたけど、それも家庭によって味も硬さも見た目も全然違うらしい。

国は違うのに、そんな曖昧な感じがどちらも郷土菓子として地域に根付いてる証拠かも
by micamare | 2012-10-16 00:13 | 南のお菓子

Bocconotti




南イタリアのプーリア州、カラブリア州、アブルッツォ州の伝統的なお菓子、ボッコノッティです。

生地はPasta frolla(タルト生地)を使い、中にはジャムやカスタードクリーム、蜂蜜、チョコレートなどなど地方によって中身が違うそうです。


また、塩味の効いたものもあるようで、それはPasta frollaではなく、Pasta sfoglia(パイ生地)を使い、きのこや鶏肉、トリュフなどを詰めます。

ボッコノッティという名前は、その形が一口で食べられるほど小さいことに由来します。

bocca・・・口
boccone・・・一口分、少量
bocconcino・・・一口で入る食べ物の量

と、似たような言葉が辞書を引いてみると載ってました。

今回は、オレンジのジャムと無花果のジャムの2種類を作りました。

日本では、サクサクしたタルトが一般的ですが、この生地はあまりサクサクしていません。

レシピによってはイーストを入れるものもあり、本当に素朴な郷土菓子です☆

袋に入れて、お友達へおすそ分けです



by micamare | 2012-10-03 19:21 | 南のお菓子

miele di fichi

無花果の美味しい季節になりました♪

以前、“miele di fichi”というカラブリア州の昔ながらの甘味料をもらったことがあり、

それを使ったお菓子もいくつかあるので、無花果の時期には絶対作ってみようと思っていて、

今回さっそく作ってみました。

“miele di fichi”とは、砂糖がとても高価だった時代の砂糖の代用品で、mieleは蜂蜜ではなく、

無花果の甘い蜜のみを絞りだし、さらに黒く蜂蜜のようにとろみがつくまで煮詰めたもので、

以前頂いたのは“甘いっ”という感じではなく、薬のような苦味がありました。

実は使わないので、原型は無くなってしまってたけど何かと使えるので、

赤ワインと一緒に煮込んでジャムも作りました。

“miele di fichi”は煮詰めがたりなかった(?)のか、水を足さないといけなかったのか(?)

甘くなってしまったけど、これはこれでおいしく(笑)できあがりました。

“marmellata di fichi”で何ができるかは、これからのお楽しみです

レシピ

無花果の赤ワイン煮

無花果・・・7個
砂糖・・・85g
シナモン・・・小さじ1
クローブ・・・少々
レモン果汁・・・大さじ1
レモンの皮・・・1/3個
赤ワイン・・・150cc

今回は残った無花果を使ったため、少し甘めに作りました☆







by micamare | 2012-10-02 19:30 | 南のお菓子